2010年12月23日木曜日

ネットショップの話し

当社には色んなお客様が来社される。

先日のこと、あるお客様が来社された。
ホームページ制作とSEO対策に関するご相談だったが、ある商品をインターネットで販売したいという内容。
お客様はショッピングモールへの出店を考えているようだったが、商材は競争が激しい市場。

ネットショップのご相談を受けることは多いのですが、その時にいつも話す言葉がある。

買うのはインターネットの向こうにいる消費者の方。
売る側の思いだけでは、消費者は受け入れてくれるかどうか分らない。

皆さん、自分の・自社の商品を売りたいと考えるのは当然の話しだが、消費者のニーズとマッチすれば必然とビジネスは成り立つ。

消費者の方は、欲しい商品はインターネットの中を探し回っても求める。
検索結果が上位表示されるに越した事はないが、それよりも、自信を持って、いい商品を、消費者の方が望む商品を提供出来るかではなかろうか。

SEQなどの言葉よりも、何をネットの向こうにいる方に感じて欲しいのか。
売る側は、その商品に対する熱い思いを語って欲しい。

ネットショップも消費者に対するプレゼンテーションであり、プレゼンテーションには熱い思いが必要だと私は思う。

   ホームページ制作/システム・プロモーション

2010年11月11日木曜日

雨に濡れた時に、さっと差し出してくれた一枚のタオル

平成22年11月9日(火)

この日は低気圧のせいか、朝から天候が悪く強い雨風が吹きすさぶ。
そんな中、以前から決まっていたお客様との打ち合わせのため、スタッフと一緒に北陸自動車道を北に走る。
行き先は、石川県金沢市。


北陸自動車道は横風が強く速度規制になっている。
金沢は頻繁に行っているところ。
慣れた道だが、すごい横風!
強風のため車が左右に横揺れする。

高速道路から見える日本海は大荒れの状態。
高波が防波堤にぶつかり、灯台のはるか上まですごい波しぶきをあげている。

そんな悪天候の中、速度を落としながら安全運転で、目的地のお客様の会社に到着。
駐車場に車を停め、横殴りの雨の中、笠をさしてお客様の事務所へ。
笠をさしていても体が雨で濡れる状態。

ご挨拶を交わし、会議室に入る。
席に着席するや否や、お客様の女性社員の方がタオルを2枚持って会議室に入ってきた。

 「雨に濡れましたでしょ、このタオルをお使いください」

ビジネスの世界に足を踏み込んで、もうかれこれ30年程度経っているが、雨の日お客様の会社でタオルを出していただいたのは生まれて初めて!

これまで数え切れないほど色んな会社を訪問しているが、その中には雨でビショビショになって訪問したこともある。

たまたま、この日は自分のハンカチを持っていなかったこともあり、その笑顔で差し出してくれたタオルで、同行したスタッフ共々、雨で濡れた髪やスーツを拭かせていただいた。

私は、そのタオルを持ってきてくれた女性社員に

  うわ~、こんな事初めてです。ありがとうございます!

と感謝の言葉が自然に口から出ていた。

その女性社員の方、いい笑顔でした。

たかが1枚のタオルかもしれない。
いつも上司からお客様を迎える時の指導を受けているのかもしれない。
会社から指示されて、上司から命令されて・・・このような振る舞いが出来るのだろうか。。
社員教育の一言で片付けられるものではないだろう。

自分でとっさに判断して、自然に振舞う。
このお客様は、それが出来ているのだろう。

社長さん、いい会社ですよ。
M部長、これまでやってきた事が報われていますよ。
社員の皆さんは、もう部長さんの手を離れても大丈夫ですよ。

一枚のタオル・・・その細かな心配りに感謝です。

               三田村淳一

2010年11月5日金曜日

ホームページ(Webサイト)製作

システム・プロモーションでは色々な業種のホームページ(Webサイト)を製作している。

石川県金沢市の運送会社様
福井県越前市の酒造会社様
福井県鯖江市のイオンプレーティングの企業様
  などなど

そして今回製作したのは福井県丹生郡越前町(旧朝日町)の化粧品販売会社様
Webカラーはピンクとグリーンを基調とし、お客様とコンテンツの綿密な打合せを進め、先日完成し公開。
お客様にも喜んでいただいた。

今回製作し公開したホームページ、これからどんな方々が訪問してくれるのだろう?

まもなくGoogle,Yahoo!などにも登録され、全国各地の色々な方々が検索してくるだろう。
そしてホームページを通して新しい人と人の出会いがうまれる。
お客様だけでなく、当社も、また私もそれを楽しみにしている。

              株式会社システム・プロモーション
               三田村淳一

2010年10月25日月曜日

しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2010 ご来場御礼

10月15日に石川県産業展示館にて開催された『しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2010』は数多くの方々にご来場いただき、盛況理に終えることが出来ましたこと感謝申し上げます。

弊社ブースにお立ち寄りいただきました方々に厚く御礼申し上げます。

今回の同フェアでは、最新の大画面ハンディターミナルを展示し、バーコードとハンディターミナルと活用事例をご紹介させていただきました。

弊社は北陸3県(富山県、石川県、福井県)を中心に、今後ともハンディターミナルソリューションを展開してまいりますので、よろしくお願いいたします。

             株式会社システム・プロモーション
             代表取締役 三田村淳一

【フェアの様子】






2010年10月5日火曜日

中小企業でも導入出来るバーコード管理とハンディターミナル

スーパーでも、コンピニでもレジで商品のバーコードを読み取る。
買い物カゴに大量に入れた商品でも、レジの担当の方はサクサクとバーコードを読ませ精算する。
それらの商品の値段(金額)をイチイチ手打ちしていたら大変だろう。
手打ちでは入力ミスなども考えられ、手間もかかり精算に時間がかかる。

普段の生活においてごく当たり前になっているバーコード。
生活に溶け込んでいると言ってもいいだろう。

バーコードは流通分野で一般的なJANコード、その他にもCODE39やCODE128など、いくつかのコードがある。
携帯で主に使用されるのは二次元コード(QRコード)。
二次元コードを携帯で読み取り、そこで指定されているURLを見にいくことも一般的になった。
お店などのメンバー・会員登録なども二次元コードで一発処理。

このように一般生活において自然な形で使用されているバーコードだが、中小企業のビジネス分野での活用は、まだまだ十分とは言えない。

未だにパソコンのキーボードからコードなどを入力したり、ピッキングや在庫の棚卸なども紙とペンで行っている姿を見る。

バーコードを読み取るハンディターミナルも以前と比べれば金額が安くなった。
またEXCELなどの簡単なソフトでバーコードの印刷も出来る。

バーコード管理は難しい話ではない。
中小企業にも簡単に導入が出来、そして導入効果も大きい。

私たちシステム・プロモーションは、ハンディターミナルを利用した数多くのシステム開発実績をベースに、「もっと簡単に、もっと易しく」を合言葉とした『バーコードとハンディターミナルの活用事例』を『しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2010』に出展いたします。


   『しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2010』出展のお知らせ

2010年8月26日木曜日

福井県元気企業Webサイトに登録!

財団法人ふくい産業支援センターが運営している「福井県元気企業Webサイト」があります。

今年、平成22年の初め同ふくい産業支援センターの担当者から連絡があり、「福井県元気企業Webサイト」掲載の依頼(登録)です。

福井県民は昔から自己PRが下手、と言われています。
福井を離れて東京などで成功している方はいらっしゃるのですが、福井に住んでする人は地元を離れることを望まず、田舎でのんびりとした生活を求めているのでしょうか。。?
賭けに出ることが苦手な県民性かもしれません。

そんな中、福井県が「福井県内の元気な企業を紹介します」と「福井県元気企業Webサイト」を立ち上げたことは評価したいと思います。

私たちシステム・プロモーションは、福井県内だけでなく、神奈川県横浜をベースに首都圏でのビジネスや、関西圏、滋賀県、岐阜県、富山県、石川県などでシステム・ソリューションを展開しています。

創業の地、この福井に愛着はありますが、愛着だけではビシネスは成り立ちません。
常に日本全国に向けて情報を発信し、積極果敢にITビジネスに取り組んでいきます。

経済情勢は厳しい状況が続いておりますが、常に前を向き、明るく元気に私たちは行動します。

「暗い顔をしていたらビジネスチャンスはやってこない。明るい顔にチャンスはやってくる。」
これは常に社員に言っている言葉ですが、私たちの元気を この「福井県元気企業Webサイト」で発信してまいります。

  【参考URL】  

財団法人ふくい産業支援センター

福井県元気企業Webサイト

  
    株式会社システム・プロモーション
    代表取締役社長 三田村淳一

【本社・開発センター】 
〒915-0805 福井県越前市芝原3丁目5番42号
  TEL:0778-42-8008 FAX:0778-42-8007